プレゼンテーション研修/スピーチスキル研修のベストスピーカー教育研究所

オープンセミナー参加型研修

セミナー参加型だから、低コストでも高い効果

講師派遣(社内研修)

出張研修
話し方セミナーのベストスピーカー プレゼンテーションセミナーのベストプレゼン 高津和彦オフィシャルサイト

挨拶・スピーチ・説明・進行・その他

人前で話すプロのためのスピーチスキル獲得講座

カリキュラム

社員教育、企業説明会、顧客講習会、講師、プレゼンテーション、その他、人前での話し方が重要な場面や職種は数多くあります。 いずれも、話す内容に対しての知識は当然ですが、まずそれを、あがらず落ち着いて聞き手に伝えるための声量と、わかりやすい的確な表現が必要です。
また注意を自分に集め、話に集中させなくてはなりません。
この時、動作や抑揚・間の取り方などの演出が非常に重要です。 これらのスキルは、どんな場面でも必ず役立ち、あなた自身の評価とビジネスキャリアを高めます。

セミナーは、実践トレーニングを中心としたワークショップ形式です。
カリキュラムは、高津メソッドに基づいて段階的にスキルアップできるように構成されています。

●ステップ1 ―― 自己分析(ビデオ撮影)

1)ビデオ撮影
-----自己紹介など現状のスピーチスキルを確認します。
2)講座を始める前に
-----今日の講座での改善目標を確認します。
3)講師アドバイス
-----講師が1人1人の動画を分析・解説し、改善アドバイスを行います。

あなたの現状を把握するためのステップです。
この後のSTEP2.以降で、あなたの伸ばすポイント・強化するポイントを担当講師がチェックします。

【こんなケースに効果的です】

  • 今の自分がどんな話し方なのか、どのくらいのレベルなのか客観的に確認したい。
  • 1人1人、個別にウィークポイントの直し方を教えてほしい。
  • 姿勢や表情、ジェスチャーなどについても、個別にアドバイスを受けたい。

●ステップ2 ―― ボイストレーニング

1)基本の発生練習
-----自然と聞き手をひきつける「とおる声」のためのボイストレーニング基礎。
2)とおる声と滑舌
-----アナウンサー養成法に基づくプロフェッショナルのためのボイストレーニング。

声を張らなくてもよく聞こえる声、肉声でもマイクでも聞き取りやすい声、のためのプログラム。

【こんなケースに効果的です】

  • 大きな声で話し続けて、だんだん疲れてくる。
  • 聞こえているはずなのに、内容が聞き取れないと言われる。
  • 自信のなさが、声で聞き手に伝わってしまう。

●ステップ3 ―― 場のベクトルコントロールトレーニング

1)熱意の伝播
-----話し手の「熱」を複数の聞き手に波及させていくためのトレーニング。
2)高揚感の共有
-----場全体のテンションを高めるような話し方のためのトレーニング。

聞き手に積極的にかかわらせる・場を自分のベクトルにコントロールする方法を学ぶプログラムです。単に注目を集めるのではなく、熱意をもって話し手の高揚感に巻き込みます。

【こんなケースに効果的です】

  • 一生懸命に話し続けても、聞き手が冷めた雰囲気のまま。
  • 聞き手のテンションを高めて、話を聞く気持ちを喚起したい。
  • 無難に済ませようとして、熱意を伝えられない。

●ステップ4 ―― パワーランチ

「パワーランチ」とは、ランチを一緒にとりながら人の心を捉えコミュニケーションを活発にする、ビジネスにおいての必須科目。話を切り出す・話に加わる・話を発展させる・話題を転換する、などを実戦的に学びます。

●ステップ5 ―― 「語りことば」トレーニング

1)話しマネ脱却トレーニング
-----「こうあるべき」という思い込みを解き、伝わりやすさを優先して話します。
2)語りことばトレーニング
-----口語に近い、自分の思いが伝わりやすい言葉で話すトレーニング。

普通と思いこんでいる「人前での話し方」を打破し、より内容と気持ちの伝わる「楽しい・わかりやすい・自分らしい」話し方に変えるトレーニングです。

【こんなケースに効果的です】

  • これまで自分が聞いてきたスピーチやレクチャーの真似をして話しているが、手応えが今ひとつだ。
  • 聞き手から「わかりやすかった」「なるほどと思った」といった賛同の声がない。
  • 話の途中から聞き手の注意が散漫になったり飽きてきた様子が見られる。

●ステップ6 ―― 表現力トレーニング

1)抑揚トレーニング
-----平板で聞き手を飽きさせる話し方を脱却するトレーニングです。
2)緩急トレーニング
-----語りことば+抑揚+緩急で、豊な表現力を養います。

4.の「語りことば」に表現力を加えて、印象に残る伝達スキルを学ぶプログラム。落語を題材に、臨場感のある生きた語り口・身振り手振りを交えた表現・緩急強弱の効果・ユーモアの効かせ方をトレーニングします。

【こんなケースに効果的です】

  • 聞き手に、重要なポイントを強調して伝えるのが苦手。
  • 聞き手から「おもしろかった」「楽しかった」という反応がない。
  • 「間(マ)」をうまく取れない。黙るのが怖くてずっとしゃべり続けてしまう。

●ステップ7 ―― ビデオによるアフターチェック

1)ビデオ撮影
-----自分の話し方を再度ビデオ録画。受講生・講師の前でご自身のスキルアップを確認して下さい。

(最初の動画と、最後に撮影した動画とを録画したCDを後日お送りします。)

要項

形態 1日集中セミナー(7時間/途中休憩有り)
ワークショップ形式・実践トレーニング中心
定員 少人数制 8名(会場等の状況により多少前後します)
日時・場所 オープンセミナーの開催日程一覧
講師

高 津 和 彦

スピーチトレーナー、アナウンサー、大阪工業大学客員教授、株式会社ベストスピーカー教育研究所 代表取締役 。関西大(法)、カルガリー大(政)卒、サン放送アカデミー卒。
経営者としてのビジネス的視点、海外ビジネスシーンにおけるプレゼンテーション、ビジネス交渉で培われた国際性と、アナウンサーとしての表現力を合わせ持つ。 欧米のプレゼン手法も取り入れ積極的に実践。

講師経歴の詳細(高津和彦オフィシャルサイト)

持ち物 筆記用具
受講料

33,000円(早期割引の場合 30,000円) ※消費税込、教材費込、入会金等は不要

予約確認メールにて指定された期日までに、銀行振込にてお支払ください。

※注1.早期割引は、開講2週間前までにお振込みの場合に適用されます。
※注2.振込手数料は、お客様にてご負担下さい。
※注3.昼食代は含まれておりません。現地にて実費をお支払下さい。
受講申し込み 受講申込フォームに、必要事項を入力し送信して下さい。

※このページ下にも受講申込フォーム用のボタンがあります。

受講までの流れとキャンセル方法について

[こちらのページ]で、受講までの手続き及びキャンセル・振替について詳しくご説明しています。

▲このページ上に戻る

掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

株式会社ベストスピーカー教育研究所

東京オフィス 〒143-0025 東京都大田区南馬込5-35-6 TEL03-6417-1747 MAP
大阪オフィス 〒542-0073 大阪市中央区日本橋2-1-19 TEL06-6633-3417 MAP

©2004-株式会社ベストスピーカー教育研究所

会社概要  個人情報保護方針  特定商取引法による表記