少人数制を勧める理由

10人前後が、もっとも学習効果が高いという事実。

ベストスピーカー/ベストプレゼンは2004年にスタートし、数多くのセミナーを開催してきました。それは2〜3名の特別研修から100人規模の大人数ワークショップまで、様々な形式のセミナーです。そして、アンケートの満足度やビフォーアフターの比較などによって「もっとも学習効果が高いのは、10名前後の少人数制ワークショップ形式」という結論を得ました。

理由は、右のアンケート結果にも表れています。

例えば、「質問のしやすさ」という点。
大人数の中で手をあげて質問するのは少し勇気がいります。逆に人数が少なすぎても、質問しづらくなります。
受講者同士の仲間意識が生まれやすい人数であることも、質問のしやすさにつながるようです。
また、講師が受講者1人1人のレベルやウィークポイントを把握できるのも少人数制ならでは。当然、質問にも、その質問者に対してピンポイントで回答することができます。

講師が受講生1人1人をきちんと指導できる少人数制

単純に時間計算で考えても、7時間のセミナーを30名で受ければ1人あたりの時間は14分。
10名では42分、3倍です。
講師が受講者それぞれに合わせて臨機応変に対応でき、なおかつ実践でトレーニングする多くの時間が確保できます。

スピーチ・話し方講座一覧(個人のお客様)スピーチ・話し方講座一覧(法人のお客様)


▲ ページ上に